人手不足と自動化
投稿日:  カテゴリー:全般, 未分類

2020年の東京オリンピックくらいまでには、車が自動で走るようになったり(ほんとの自動で走る車=自動車)、我が家にはまだ無いが、すでに多くの家庭には、小型の掃除機は自動で床を掃除で這いまわっている。アマゾンは、小型のヘリ(ドローン)で商品を届けるというし、ウエアラブルの自動翻訳機なんかも、グーグルグラスがちょっと進化すれば、来年くらいには発売されそうな昨今のIT進化の勢いだ。とある記事で読んだが、今の小学生6年生が大学を出て就職する2025年くらい(うろ覚えですみません)には、今我々の前にある仕事の60%は、今存在していない全く新しい仕事に代(変)わっているそうだ。世の中のIT化は想像を絶するスピードで進化しているのに、日本の宿泊業のIT化は遅れている。先日、レップチェッカーの営業に伺った施設で「アンケート集計は手作業でやる意味がある・・・。」と熱弁を振るわれたマネージャーにお目にかかった。気分を悪くされては営業に折角伺った意味がないので、やんわりと「IT化することで、もっと他の業務や人間が最も優れているプランや企画を ‘考える’ 時間を作ったりできるようになります」よって、伝えたが糠に釘だった(残念)。ホテルでは今はどこでも人手不足に悩んでいるのに、IT化を進めない、実はこういう類のマネージャーは自分でアンケート集計をやった経験がなく、アルバイトや部下にやらせる他人まかせの類。アルバイトや部下の時間も人件費でコストがかかっているし、IT化の費用をけちってコスト意識が高いと勘違いしているマネージャーが働く施設は、アルバイトや従業員の離職率が高く(なぜなら、多くの従業員はばかばかしくなって他に行ってしまう)、結局、採用費などで余計にコストがかかり、挙句の果てには、OTAの評価点数チェックやクチコミ返信をする時間がないくらい忙しいと言って何もしない。(大丈夫?!)ホテルのフロント業務や掃除なんかをロボットがやる時代がすぐ来ているように思うのは私だけだろうか?人がほんとにやる仕事は何だろうか?誰にでもできる業務をトヨタでは 仕事とは言わず作業というらしいが、誰にでもできる業務は機械がいづれやることになる。今の当社では、グーグルやアマゾンみたいな大きなことはできないが、人がやるべき仕事に専念できるようなシステムの「自動化」にこれからもっとチャレンジしようと思う。百田浩志

平日のゴルフ場にて、収益改善を考える。
投稿日:  カテゴリー:営業

先日、千葉の市原方面のゴルフ場へ営業に行って参りました。千葉県内には約160コースあり、そのうち市原エリアには約30コースが存在しています。最近の新聞記事でも「会員権相場は下げ止まり」という話題が出ており、平均価格は100万円前後ですが、節税目的の損切り売却が一巡し、低価格帯の会員権を中心に買いが戻ってきているようです。なるほど、平日にも関わらず何処もゴルフ場の駐車場はほぼ満車でした。また平日は、支配人を訪ねてもほとんど留守にしていることが多いことも判りました。メンバー利用が多いため、もしくは平日にお休みを取る傾向が高いのかも知れません。最近、ゴルフ場を閉鎖し太陽光発電施設に転換するケースも多いと聞きますが、駐車場はほとんどが青空駐車であるため、太陽光パネル付きの屋根付き駐車場に改築すれば、夏場の日除けにもなりますし、太陽光発電により電力コストの削減、もしくは売電まで可能になるのではないか?とふと思いました。初期投資額を何年で回収できるかにもよりますが、今後間違いなく需要はあると確信しました。電気自動車の普及に伴い、充電スタンドへの電力供給を賄える日も、もうすぐそこまで来ているのかも知れません。

レップチェッカーで情報共有!
投稿日:  カテゴリー:サポート

こんにちは!
レップチェッカーサポート担当です。

今回はRepCheckerを使った情報共有をご紹介いたします!

クチコミの返信や顧客の対応の際に、
その時の状況やそのお客様について、対応した方に確認される機会が多いと思いますが、
担当の方や上司の方になかなか確認が取れず時間が掛かってしまったりという場面も多いのではないでしょうか。

レップチェッカーには情報共有のツールとして、
クチコミ管理画面に「社内連絡」っという機能がございます。

例えばクチコミで、「お部屋にゴミが落ちていた」などのクレームが入った際に、
清掃を担当したの方に状況を確認しお詫びする文面を検討したり、
問題が起きた事に関する注意喚起を全社的に流して頂く事も出来ます。

社内連絡で各コメントに内容を追加すると任意のメールアドレスへレップチェッカーから
メールが届きますので、各担当の方がレップチェッカーを通じて情報共有していただける仕組みです。
設定するメールアドレスは登録情報変更から複数登録していただく事が出来ますので、
普段連絡するメールアドレスを登録しておけばスムーズに社内連絡機能をお使い頂けます。

お使い頂いている施設様では、クチコミ返信文の確認をとられていたり、
部門長の方が対応した担当の方へアドバイスされていたり、
自由なメッセージツールとしてお使い頂いています。

社内連絡機能に関してご不明な点等ございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

通信費を変えるパラダイムシフト!?が起きています(1)
投稿日:  カテゴリー:全般

一昨日でヒートテックの着用をやめました、開発担当Kです。

突然ですが、皆様は毎月の通信費が高いと感じていませんか?
私の通信費は大体7,000~9,000円程度ですが、最新機種を発売してまもなく購入された場合には+機種代がかかっているかと思います。また、よく通話をする人はそれ以上にかかります。
人々の負担が増える中、携帯各社は

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140213/bsj1402130500000-n1.htm

このような状況だそうです。
※ちなみに最近ナンバーポータビリティで機種変更する際に様々な特典(キャッシュバック)がついてきますが、そのしわよせが長年キャリアを使用している人にかかってきているそうです。。

ここからが本題です。
MVNOサービス というものをご存じでしょうか?
無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供している事業者のことです。
↓詳細

http://sp.e-words.jp/w/MVNO.html

この『MVNOサービス』を使えば、月々のスマホ代を劇的に抑える事ができます。

なんと、1,000円以下からの契約が可能だそうです。

これは【スマホは高くて当然だと考えていた事】が劇的に変化しそうな感じがします。(イコール パラダイムシフト)

契約数も徐々に増えている様子です。

http://m.internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140414_644292.html

ただし、回線速度が遅かったり通信量が少なかったり等の制限がありますが…

詳しい導入方法は…… ブログが長くなってしまいそうなので、また来週お知らせします。

開発担当K

人生一度っきり【パラダイムシフト高橋】
投稿日:  カテゴリー:トピックス, 営業

こんにちは。
パラダイムシフトの高橋です。
皆さん。いかがお過ごしでしょうか?
気持ちの良い天気が続いていますね。

4月は新入社員の初々しさを感じる月でもあります。
なぜ、あんなに彼らはキラキラしているように見えるのか。
私もそうでしたが、会社に対しても、働くということに対しても
モチベーションが高いからだと思います。
〝早く私も皆の役に立ちたい”〝この会社とともにGOALに向かって頑張りたい”
と思っている学生は相当数だと思います。
(〝みんしゅう”という就活の掲示板をみるとモチベーションの高さがわかります)
ところが!世界的にみると日本はだいぶ会社や社会に対してのモチベーションが低いようです。(図1参照)

Read More

キーワードは「WiNDAM」?
投稿日:  カテゴリー:未分類

こんばんは。営業担当のFです。

皆様は出張などで泊まるホテルを選ぶ際には
何を基準にしますか?

年代層やデータを取る会社さんによって多少は
違いますが、価格、立地、設備、食事、なんかは
常に上位に来ているかと思います。

仕事柄、勉強も兼ねて様々な施設様にお世話になっていますが、
私個人で検討する時は、立地が良くて部屋が広い事を
優先しています。

お読みになられた方も多いかもしれませんが、1ヶ月ほど前になりますが、
週間東洋経済で「これが最強!ビジネスホテル選び5カ条」という
特集が組まれていました。(この手の特集は定期的に行われますが。。。)

http://toyokeizai.net/articles/-/32876

5カ条のキーワードは「WiNDAM」との事。

Wi:部屋がWi-Fi対応でスマホもサクサク
N:ノンブランド。大手でなくても口コミで好評価
D:デザイナーズ。デザイン重視の内装
A:アメニティ。備品が充実していて楽しめる
M:朝食(ミール)のおいしさが決め手

確かに「WiNDAM」全て、宿泊施設選びの決定要因に
なりそうな項目です。

個人的には「WiNDAM」の1つでも兼ね揃えて
きちんとアピールできれば多少単価が高くても
そのコンセプトにあった利用者様がきちんと定着すると思います。

数年前は販売単価を争う時代だったのですが、
現在は顧客満足度を争う時代になったと思っています。

顧客満足度を上げていく為のひとつのツールとして
レップチェッカーは宿泊施設様に役立てられると自信を持って
今日も全国各地を飛び回ってます。

タグ:

ある昼下がりに感じたこと
投稿日:  カテゴリー:ウエディング

こんにちは。すっかりと春らしくなってきましたね。
日差しのある昼間は暖かい(暑い?)ですが、朝晩は結構冷え込むので
皆様も風邪などには気をつけてくださいね。

さて、先週末は千葉へ野球観戦に行ってきました。
非常に盛り上がりましたが・・・残念ながら応援チームは負けてしまいました・・・。。。

そんな休日のヒトコマ
時代は変わったな、と思う瞬間があったのでブログに載せちゃいます。

それはお昼頃、幕張へ行く電車に乗っている最中です。
隣の席が空き、カップルが座ってきました。
座った瞬間に二人ともスマホを取り出し、何やら検索しているよう。
ここからは二人の会話です。

女性「ここいいんじゃない?」
男性「すごくいいじゃん。でもちょっと高そう」
女性「そうかな?でも近いよ」
男性「じゃあ、そこも行ってみよう。・・・ここは?」
女性「んーーー。」
男性「ここ○○だって書いてある」
女性「なるほどねー。じゃあいいよ」

というような会話をしてました。
チラっと横目でスマホを覗き見たら、いや、偶然画面が見えたら
某ブライダルサイトでした。

その日、これから行く結婚式場を探しながらの会話でした。

スマホで検索しながらの会話
スマホから当日の予約をしていること
あとは男性がかなり積極的に探していること
しかも男性がクチコミを見ていました!

なんとなく、女性が引っ張っているイメージが強い「結婚式」
男性も自分から情報を集めて、積極的に参加されるようになったのですね~。

でも男性向けのブライダルのコンテンツって少ないと思いませんか?
これからの時代は男性が電車の中で見ても恥ずかしくないサイト作りをしたほうがいいのでは。
などなど、思った休日のヒトコマでした。
photo1

「コモディティ化」?暗黒の20年間を脱する時が来た!
投稿日:  カテゴリー:マーケティング

日本のホテル業界人の方々の中で、ホテルの宿泊販売単価が安くなっているのはコモディティ化したからだという人がいる。本当にそうなのだろうか?この疑問に答えるため、インターネットで「コモディティ化」と検索して調べてみると、とてもいい説明ページを見つけた。「ある商品カテゴリにおいて、競争商品間の差別化特性(機能、品質、ブランド力など)が失われ、主に価格あるいは量を判断基準に売買が行われるようになること。一般に商品価格の下落を招くことが多く、高価な商品が低価格化・普及品化することを“コモディティ化”という場合もある。」とある。(http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0505/28/news013.html) 確かに、日本のホテルの宿泊料金は、海外の主要都市と比べて明らかに安い。特にラグジュアリークラスの料金が安い。以前当社が旅行子会社を置いていたホノルルなどの料金をざっくり比較すると、同じカテゴリーでの東京のホテルの宿泊料金は半額くらいのものも少なくない。しかし、私は日本のホテルがコモディティ化しているから料金が安いのではなく、「失われた20年」のデフレと不景気による影響が大きいと考えている。また日本には海外の星のようなホテルのクラス分けがされていないので、デフレ、不景気による低需要の時には、当然、ラグジュアリーホテルの販売価格はスタンダード、エコノミークラスのリーズナブルな料金帯に引っ張られ、価格競争に巻き込また結果として販売価格が安くなっただけである。この現象をコモディティ化と勘違いしていると私は思う。なぜなら、低価格化は進んだかもしれないが、ホテルの部屋数がこの20年間で3倍とか4倍とか増えたわけではなく、日本人国内宿泊旅行人数なんかのデータを見てもの過去30年間ずっと横ばいだし、つまり普及品化していないからである。ホテルがコモディティ化していようといまいと、みなさんにはどっちでもいいことだと思う。(私もそうだ。)最近、営業で回っていると東京、大阪、福岡の稼働率は相当高く、販売単価が上昇、過去最高の売上と利益とおっしゃるホテル経営者の方も少なくない。こういういい流れの時期こそ、「差別化戦略」=つまり自分たちにしかできないものは何か?を作り出す努力を行い「ブランド化」によるファン作り、将来また来るであろう不景気にも販売料金を下げずに対応できるsomething special を構築する時だと考えている。弊社もお客様の差別化、ファン作りに少しでもお役に立てるようにサービスを拡充していきたい。百田浩志

人間vsロボットvs人間、の未来構図?
投稿日:  カテゴリー:未分類

先日、某ゴルフ場チェーンを運営する企業本社の方と打合せする機会があり、興味深いお話を聞きましたのでご紹介いたします。現在、消費者の活動はPOSシステムに代表されるとおり、ビッグデータとして多くの企業経営に活用される時代となりつつあります。また企業側も、そのビッグデータの解析にITを駆使し効率的な経営判断を追及していることは周知の事実かと思います。ここで問題となるのが、そこで働く人間の存在意義なのです。様々な分野でますます機械化が加速する未来社会において、果たして人間にしか出来ない価値とは何なのか?現在の多くの仕事が機械に取って代わる未来はもうすぐそこまで来ています。某ゴルフ場チェーンを運営する本社経営幹部の方はハッキリ明言しました。まさにゴルフ場もその渦中にあり、予約システムから自動精算機に至るまで、どんどん現場のコスト削減は進んでいるものの、本質的な課題は現場でしか発見できないのだと。お客様の何気ない一言やその仕草、表情など、現場スタッフが得ている貴重な生の情報をいかに素早くグループ内で共有し、かつ迅速な経営判断をさらに高速化できるか?「ここに競合との差別化のカギがあると思う」と言っておられました。表題のタイトルのとおり、ITシステム(ロボット)に人間が使われるのか?その逆に、強い意志をもってITシステムの活用を推進するのか?この判断の差により、継続的な企業経営の存続と人間として本来の雇用価値が産まれるのではないでしょうか?

システム部に新しい仲間が…
投稿日:  カテゴリー:開発現場

月曜日から健康志向の開発担当Kです。

今週のシステム部に事件?が!

なんとプログラマーの新人が2名入りました!!

遥々?韓国からの来日しての入社となりましたが、実は3年連続韓国からエンジニアを採用しています。

彼らは勤勉で真面目に日々の仕事をこなしているので、私自身見習う点も多々あります。

非常に大変な時期(前回ブログ参照)の入社となりますが、ぜひぜひお客様のお役に立てるよう頑張ってもらいたいものです。

開発担当K