世界的に注目の事件です。
投稿日: カテゴリー:開発現場, 雑感

世界的に注目の事件です。

先週、インターネットエクスプローラーの脆弱性について世界的に話題となりました。
これは特定のサイト(ウイルスが仕込まれている)にインターネットエクスプローラーでアクセスを行うと、パソコンの情報が盗まれ、個人情報が盗まれてしまうと言う非常に怖いものです。
現在はようやく、マイクロソフトより対策が発表され、インターネットエクスプローラーをアップデートする事により安全になるとの事です。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

当社でも今回の件で困ったことがありました。
某銀行のネットバンキングがインターネットエクスプローラーのみの対応となっており、対応前にアクセス出来なかったことです。
これは明らかに銀行側のシステムの落ち度があったと自分は思います。
シェアが大きい(特に日本では多い)分標的になりやすい、インターネットエクスプローラーのみの対応は非常にリスキーであり、本来はリスク分散化 (他のブラウザにも対応) をすべきだと感じました。

弊社のrepcheckerにつきましては、以前お伝えした記事で、そもそもインターネットエクスプローラーは推奨しておらず、2つブラウザ(chromeやfirefox)での操作を推奨としておりますので、どちらかのブラウザに欠陥が出たとしても、もう一方のブラウザで閲覧頂けるようになっておりますので、ご安心ください。

何にしても、全世界的にインターネットエクスプローラーのシェアが、グンと落ちるであろうと考えさせられる出来事でした。

開発担当者K

Comments are closed.