流行を知るって大事ですよね?【パラダイムシフト高橋】
投稿日: カテゴリー:トピックス, マーケティング, 雑感

こんにちは
パラダイムシフトの高橋です。

いかがお過ごしでしょうか。
先週はブログの更新を怠慢してしまいましたので今週は長々と書きます。

皆さんは既にご存知かと思いますが、私には2頭の犬を飼っています。
ジャイアントヨークシャテリアのモモ(2歳)とミニチュアシュナウザーのピーチ(1歳)です。
2匹は常に一緒にいて、よくじゃれて遊んでいます。本当に仲が良いです。

それは、さておき、やはり犬を飼うと犬バカになりますね。
私はインスタグラムで1週間に一度はワンちゃんをアップします。
また、ハッシュタグ(#)でミニチュアシュナウザーやヨークシャテリアを検索し、
他のワンちゃんたちも見て癒されています。

ちなみにインスタグラムとは、Facebookの写真Vir.と言っても良いほどで
〝イイね”を押したり、フォローしたり、されたりするようなSNSです。
ご存知のない方はこちらよりチェックしてみてください。

その中でも、フレンチブルドッグと小さな子供の日常生活の写真を載せているユーザーを私は以前よりフォローして見ています。
投稿している方は東京にお住まいの方なのですが、フォローユーザーは全世界の人達です(写真なので言葉がなくても伝わりますからね)
そしたら、ついにこの前、その写真集が出版されてましたよ!

20140526-143843-52723275.jpg

 

 

フォロー人数が増え、知名度上がり、ブログや写真をそのまま使い本にして出版している方は結構探多いです。
みなさん〝ざわちん”をご存知でしょうか。芸能人のモノマネメイクをブログを通して披露している少女なのですが、
これがそっくりで、あっという間に世に広がり、ざわちゃんのメイク本や、ざわちんおススメのアイライナーなどが販売されヒットしています。

images

 

 

 

また日本に限らず世界では、ファンションブロガーといい、一般の学生や社会人が自分のファッションをブログに載せて、発信している人もいます。
超有名になると、それが本業になったりもします。
私も、何人かインスタグラムでブログモデルをフォローしており、勉強しています。笑
英語はまだ理解できるのですが、フランス語やイタリア語などはチンプンカンプンなのですが、
写真を見れば解るので大丈夫です。
他言語が理解できなくても写真だと印象は伝わってきますからね。

anouskaproettabrandon-20140522a01myshowroomblog-20140521a01

 

 

 

そういった類で超有名になったのがジャスティンビーバー(歌手)です。彼はyoutubeに自身の歌声を投稿したことをきっかけに、
世界的に大人気になった歌手として有名です。個人的には”beauty and a beat “という曲がすきです。

彼は今、どちらかというとスキャンダルで有名ですが・・・

images (1)

 

 

とにかく、今は、ブログやyoutube、facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアを通して
簡単に世界と繋がり、目立つことが出来る時代です。
昔は広告代理店を使わないとできなかったことが、今はそれを使わず、しかも個人で発信できるメディアが増えているということですね。
やはり、ソーシャルメディアの広告効果は大です。
特にグローバル化していますから映像と写真でいかに印象付け訴求していくか
が大切だと思います。
そんなのわかってるよ!と言われるかもしれませんね。。
ただ、こういった個人的にネット発信をして有名になっている人たちの特徴として
・専門性がある
・プライバシーをさらけ出している
・頻繁に更新&持続
・写真・動画
が挙げられると思います。

 

今は様々な情報が行き交っている時代です。
ネットでなんでも調べられてしまいますからねー。
ちなみにWebページにあたる滞在時間は年々減少してきているそうです。
つまり、いかに短時間で物事を伝えるか、あるいはいかに多くの時間自分のwebページにとどまってもらうか、
これらを考えると、、〝写真″や″動画″にこだわる必要があると思います。
皆さんは情報発信される際、写真などにこだわりを入れられていますか?

 

話変わりますが、
facebookはご存知ですよね?日本は普及がだいぶ遅れたんですよ。その遅れた原因の1つとして、プライバシーに対して警戒する国民性があります。
日本では20〜30代のFacebook利用者数が半分を占めていますが、ここ1年で20代〜30代の利用者数は減少し、逆に40〜50代の利用者数が増えています。
アメリカでは、すでに若者のFacebook離れが深刻化しているというニュースがあったりします。

何を言いたいのかというと、“流行り”だったり“情報発信”を作るという視点で見ると、”若者”の方が先取りをしやすい傾向にあると思います。
流行りをキャッチしたり、情報発信でお困りの方がいましたら、ぜひ若者に耳を傾けてみてください。
そんな勇気がなかったらTwitterやInstagram、ツイキャスなどでも良いのでみてください。
大人が思いもつかないようなことをしていてとても刺激的ですよ(きっと)

 

ここでちょっと、レップチェッカーの営業させてください。
上記にあるネット発信で有名になった人達の特徴の中に″頻繁に更新&持続”がありましたよね。
例えば、それを踏まえると、OTAへのクチコミへの返信など頻繁に更新し継続していく必要があります。
レップチェッカーでは、20媒体以上のクチコミを一元管理し、さらにその場から直接返信できる機能がついていますので、
業務効率が抜群にアップしますよ!

 

すみません。長ったらしく書いてしまいました。
最後まで読んでくれた方、本当にありがとうございます。
今週はちょっと評論家ぶって書いてみました。
おてやわらかにどうぞ。

それではまた。。

(おまけ)
1年ほど前に流行った若者言葉で、自分が怒っているこ下記のように表現していました。
(こんなの思いつきませんw)
レベル1 おこ
レベル2 激おこ
レベル3 激おこプンプン丸
レベル4 カム着火インフェルノォォォオオオウ
レベル5 げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム

 

 

Comments are closed.