もしかしてブラウザーはまだIEですか?【パラダイムシフト高橋】
投稿日:  カテゴリー:インターネット, トピックス

こんにちは。
パラダイムシフトの高橋です。
お盆が明けましたが、みなさん如何お過ごしでしょうか。
お盆中は出勤の電車がガラガラでしたが、お盆が明けて早速混み合っています。

先日、帰りの車内で隣の席に座っていた中年のサラリーマンの方がノートPC(panasonicのレッツノート)を使っていいたのですが、

チラッと除くとブラウザーはIEを使っていました。
私はChromeを使っていますので、

ふと感じたのですが、

みなさんはPCやスマートフォン、タブレットのブラウザーは何をお使いになっていますか?
聞いてみるとだいたい、Chrome、Firfox、IE、Safariだと思います。(写真1参考)

ブラウザー(写真1)

 

そこで日本と世界とで使われているブラウザーの違いを調べてみました。
なかなか興味深い、というか当たり前?な結果になりました。

 

 

【日本で使われているブラウザーは圧倒的にIE】

 

Source: StatCounter Global Stats – Browser Market Share

(図1)

やはりそうだよな、という感じです。
個人ではIEを使っていないのですが、
周囲(特に旅館やホテル)の方々のPCを覗き見するとIEをお使いの方が圧倒的に多いです。
たしかにWindowsを購入すると、IEが標準搭載されてますからね。

それでは世界ではどうなのでしょうか。
調べてみました。

 

 

 

【世界の基準はChrome】
日本ではIEが一番使われているのだから、世界でももちろん!と思っていたところ・・・
全然違います!世界では圧倒的にChromeが主流です!

 

Source: StatCounter Global Stats – Browser Market Share


(図2)
なぜかと言いますと、主に以下の特徴があるからです。

・動作が軽い、速い
・複数のChrome間で設定やタブなどを自動で同期・共有できる
・スマートフォンやタブレットなど幅広いプラットフォームで利用できる
・最新のWeb技術/サービスが利用しやすい
・更新に手間がかからない
・古いWindows OSでもChromeの最新版が利用できる
 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1206/14/news130.html

 

【マッピングで見ると、日本だけ??】

そこで、マッピング(図3)でも見てみたところ、
なんと、ほとんどChromeの緑色ばかりです。
パッと見る限り、日本と南アフリカとパプアニューギニア、グリーンランドだけ青(IE)に見えます。
いわゆる〝先進国″の中で、
IEを主として使っている国は日本だけですね。

なぜ、日本はこの波に乗り遅れているのでしょうか。

調べてみるとどうやら、

企業や官公庁ではIE以外のブラウザが利用できないという場合が多い

のが理由の1つのようです。

世界から見ると、日本の企業や官公庁は良い意味で言うと〝慎重
悪い意味で言うと〝スピードが遅い″のかもしれません。

StatCounter Global Stats
Top Desktop, Tablet & Console Browsers Per Country from W25 to W34 2014

Source: StatCounter Global Stats – Browser Market Share

(図3)

全てではありませんが、このデータを見る限り

日本の常識は世界において非常識なのだと改めて感じます。

Internet=IE×

Internet=Chrome◎

が世界の常識。。

私たちの思っている〝当たり前なこと″

実は、

世界からすると〝ありえないこと″なのかもしれません。。

そのようなことを意識するだけでも、少し頭が柔らかくなった気がしませんか?
P.S.最近虫歯の治療をしたせいで、その歯が炎症を起こし激痛に苦しんでおります。
日頃の健康管理がいかに重要かをつくづく感じました。
CS管理も、同じように、常日頃の管理、意識の積み重ねだとつくづく感じます。。

 

図1、2、3はStat counterより

http://gs.statcounter.com/

 

それではまた。。

 

 

WIFIのスピードアップとパスワードロック
投稿日:  カテゴリー:WIFI, イノベーション, インターネット

こんにちわ!百田です。最近、国内のホテルに宿泊して感じるのは、やっと、WIFIが当たり前に使えるようになってきたこと。回線スピードも、以前より大分早くなってきて、4G(第4世代)が普及し始めたと感じる。それと同時に、パスワードロックもかかっていない施設も多くなっていて、どんどん便利になっている。レップチェッカーの事業を開始した2009年当時は、WIFIが使えないとか、インターネットに接続できないといった苦情とも取れるインターネット接続に関するリクエストが施設対してに多くあったことが、ちょっと懐かしい?!WIFIが当たり前のように宿泊施設に設置された今、それに伴う業務改善イノベーションをいろいろ起こせると、少しワクワクする。オールインワン・クラウド型レップチェッカーは、今月から「ルールエンジン」、「プランマネージャー」、「予約エンジン」などの新機能がどんどん付加される。これからも失敗を恐れず、我々自身がイノベーションを率先して提案していく。今後も宿泊業界の発展にさらに貢献できるように、まだまだ小さな会社ではあるが、社員全員で一生懸命頑張るつもりだ。レップチェッカーをご利用いただいて施設様からのご協力ご支援をお願いします。いつもありがとうございます。