ゴルフコンペは宝の山?
投稿日:  カテゴリー:営業, 未分類

ご無沙汰してます!
すっかり、ゴルフ場の話題が滞っており本当にすみません。
さて今回は、ゴルフ場のクチコミに対する現状を述べたいと思います。
全国で約2,400のゴルフ場を調べたところ、GDOや楽天GORA、ALBA、じゃらんGOLFなどゴルフ場予約サイトに日々投稿される利用者クチコミに対して、ゴルフ場からの返信率は、なんと6割弱というデータを突き止めました。
その9割近いホテルや旅館といった宿泊業界と比べても、その差は圧倒的な状況なのです。
この少子高齢化時代にゴルフ場はメンバーは元より、ビジター客を含めて利益率の高いリピーターを増やすことが至上命題にも関わらず…です。
ここで断言します、クチコミは宝の山であり、最も低コストな販促手段の一つでもあるのです。
ぜひ一度、当社サービスをお早めに(無料)お試しください。

 

https://repchecker.jp/campaign/golf.php

農作業から学ぶこと vol.2
投稿日:  カテゴリー:営業

とある農家の風景

地方の過疎化や第一次産業の後継者不足が指摘されて久しいですが、つい先日も「2040年には全国の地方自治体約900が消滅する恐れ」という記事を目にしました。

農作業においても、機械化や大規模化が進んでいることは言うまでもありませんが、農業を営む方々の実態は兼業を含む中小規模であり、まだまだ人の労働力に依存しているのが現状かと思います。

少子高齢化とは関係ありませんが、農機具について感じたことを述べます。

稲作(種苗、田植え、稲刈り、脱穀、精米)において、その作業工程のほとんどに専用の機具(道具)が存在しており、耕耘機や田植え機、コンバインなど大型機械はもとより、種苗運搬機や種苗棚洗浄器など、人力作業を効率化する手動式の機械も数多く存在し、そのほとんどは農作業従事者自らが考案し商品化されたものというのです。

IT化が進むサービス業界においても、限られた時間の中で本質的な目的を見失わずに、人間主導による業務効率化を実現していきたいと強く感じました。

後ろに見えるのは、ラフォーレ松尾ゴルフ場。

農作業から学ぶこと vol.1
投稿日:  カテゴリー:営業

毎年恒例、嫁さん実家の田植えを手伝ってきました。

少なからず、農作業から学ぶべきこと(感じること)がありましたので、個人的な感想として数回に分けて述べます。

■前提条件(その1)

①原則、農作業に定休日はない(自然が相手なので24h365日、常に農作物のことを気に掛けている)。

②商品は植物(野菜、穀物等)、天候の環境変化や害虫などの外的要因が影響する。

③売上(市場への出荷)金額は、需要と供給のバランスで成り立ち、常に取引相場情報を気にしている。

■一日の流れ

朝8:00から作業開始、10:00にお茶休憩(約30分)、12:00から昼食(約20分は必ず昼寝をする)、15:00にお茶休憩(約30分)、17:00作業終了となります。

農作業のほとんどは過去の経験則に基づく肉体労働なのですが、「もっとこうしたら作業が早く進む」、「もっとこうしたら作業が楽になる」、「もっとこうしたら無駄が減る」など、1つの作業をしながらもその5~6手先の作業まで予測し、常に工夫や改善を実践している点は、他のビジネスにも通ずる普遍的なことではないかと、あらためて認識しました。

次回、農家の方々が産み出す商品(成果物)に懸けるその想いや、日々活用している道具(機具)に対する拘りなど、その作業工程におけるプロフェッショナルな意識をリポートいたします。

意識の高い施設様(北海道編)
投稿日:  カテゴリー:営業

こんばんは。営業担当Fです。

先日、とある会社様のレップチェッカー導入に伴い北海道へ行ってまいりました。

阿寒湖

阿寒湖の写真です。
今週あたり、湖の氷は溶けているかと思いますが、まだまだ冬という感じでした。

洞爺湖

こちらは洞爺湖の写真です。
同じ北海道でもそろそろ春が来ている雰囲気があり、阿寒湖とは全く景色を見せてもらいました。

観光気分の話はここまでにして、レップチェッカー導入に伴い、今後の会社としての活用方法や会議資料を目的としたアウトプットのカスタマイズなどの打ち合わせを行ってきたのですが、お客様の声に対して意識の高いことに驚かされました。

まずは紙アンケートの回収意識。コストの関係かホテル業より旅館業の方が多いのですが、アンケートをチェックイン時にきちんと手渡ししてアンケート記入のお願い。
ここまではよくある話ではありますが、回収したアンケートをきちんとデータで管理してました。
※当然、データで管理したアンケートはその後のアクションに有効活用してます。

また、毎月の会議資料として自社施設や競合施設の楽天やじゃらんの点数などもきちんとデータ化しておりました。
しかも手作業で。。。
1施設単体なら然程手間にはならないと思いますが、この会社様は数施設運営しており、担当者のご苦労に頭が下がります。

でも、この作業はレップチェッカーをカスタマイズする事で自動的に抽出することも可能になります。
レップチェッカーはデータの提供だけではなく、業務効率の向上にもお役立てできるサービスなので、今まで作業を行っていた膨大の時間を別の仕事に費やせるのです。

この会社様のように最近は都市圏の宿泊施設様だけではなく観光需要がメインの施設様の意識も高まっており、レップチェッカーの活躍の場がさらに広がっていると強く感じている今日この頃です。

平日のゴルフ場にて、収益改善を考える。
投稿日:  カテゴリー:営業

先日、千葉の市原方面のゴルフ場へ営業に行って参りました。千葉県内には約160コースあり、そのうち市原エリアには約30コースが存在しています。最近の新聞記事でも「会員権相場は下げ止まり」という話題が出ており、平均価格は100万円前後ですが、節税目的の損切り売却が一巡し、低価格帯の会員権を中心に買いが戻ってきているようです。なるほど、平日にも関わらず何処もゴルフ場の駐車場はほぼ満車でした。また平日は、支配人を訪ねてもほとんど留守にしていることが多いことも判りました。メンバー利用が多いため、もしくは平日にお休みを取る傾向が高いのかも知れません。最近、ゴルフ場を閉鎖し太陽光発電施設に転換するケースも多いと聞きますが、駐車場はほとんどが青空駐車であるため、太陽光パネル付きの屋根付き駐車場に改築すれば、夏場の日除けにもなりますし、太陽光発電により電力コストの削減、もしくは売電まで可能になるのではないか?とふと思いました。初期投資額を何年で回収できるかにもよりますが、今後間違いなく需要はあると確信しました。電気自動車の普及に伴い、充電スタンドへの電力供給を賄える日も、もうすぐそこまで来ているのかも知れません。

人生一度っきり【パラダイムシフト高橋】
投稿日:  カテゴリー:トピックス, 営業

こんにちは。
パラダイムシフトの高橋です。
皆さん。いかがお過ごしでしょうか?
気持ちの良い天気が続いていますね。

4月は新入社員の初々しさを感じる月でもあります。
なぜ、あんなに彼らはキラキラしているように見えるのか。
私もそうでしたが、会社に対しても、働くということに対しても
モチベーションが高いからだと思います。
〝早く私も皆の役に立ちたい”〝この会社とともにGOALに向かって頑張りたい”
と思っている学生は相当数だと思います。
(〝みんしゅう”という就活の掲示板をみるとモチベーションの高さがわかります)
ところが!世界的にみると日本はだいぶ会社や社会に対してのモチベーションが低いようです。(図1参照)

Read More

ダイナミックパッケージにおける不思議な現象
投稿日:  カテゴリー:トピックス, 営業

こんばんは。営業担当Fです。
皆様、航空券とホテルがセットになったダイナミックパッケージを
ご利用したことはありますか?

私は仕事柄全国各地に訪問するケースが多いので、
可能な限り利用しております。

安い時は2万円台で北海道や九州への往復航空券とホテルが
セットになっていたりして本当に便利です。

海外では数年前から主流になっておりましたが、
国内でも航空会社系の旅行会社、楽天トラベル、じゃらん等で
積極的に販売されてだいぶ認知されてきたかと思います。

そんなダイナミックパッケージで先日利用した時に不思議な現象を
発見しました。

DP

こちらのプラン、素泊まりと朝食付き、QUOカード1,000円付きプランが同料金。。。
普通に考えても素泊まりプランは購入されませんよね?

DP2

こちらのサイトでもVOD(ビデオ・オン・デマンド)&朝食付プランと素泊まりプランが同料金!

利用するかどうかは別として、素泊りを選択するのは損な感じですよね?

あるホテルさんに聞いたところ、これはホテルのプランに問題があるわけではないらしいです。
という事は航空会社か主催するサイト側(旅行会社)に秘密があるのでしょうね。

知らないで素泊りを選んでしまったら損した気分になりそうですが、
逆に気づいたらお得感があって思わず予約してしまいそうです。
もしかしてこれが狙いですかね?

いずれにしろ、日本のダイナミックパッケージも各社色々な施策を打って
活性化されそうな気がします。

 

 

ゴルフ場でBBQ?ゴルフ場イノベーションの新たな挑戦とは…。
投稿日:  カテゴリー:営業

皆さん、こんばんは。毎度金曜の夜に執筆する機会が習慣化しつつある企画営業マンです。さて本日、TV東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)で興味深い話題を聞きましたので紹介いたします。ゴルフ人口は20年前の1994年には約1,400万人いたそうですが、なんと2014年には半減の約700万人になっているそうです。これはゴルフ業界に限った話ではないかも知れませんね。しかも、ゴルフ経験者の割合を年代別で見ると、60代は約38%、20代では約22%という圧倒的な先細りの逆ピラミッド型数値なのです。また、この状況は20年前から始まっているにも関わらず、ゴルフ場運営企業の方々は若年層を取り込み、抜本的にゴルフ人口を増やす取り組みを本気でチャレンジしてきたのか疑問です。番組の中で、PGMグループ社長がゴルフ場内にバーベキュー会場を新たに設け、「バーベキュー、ついでにゴルフ」という新しいコンセプト(ストーリーとしての競争戦略)を語っていました。参考までに、バーベキュー人口は若者から40代を中心に年間1,500万人もいるそうです。現実としてゴルフ業界、ゴルフ場の支配人さんに話を聞くと、ゴルフ場はその立地やコースならびに設備の改修が容易ではない(時間とコスト高)ため、スピーディーな差別化が難しく、結果的に日々のプレー価格調整のみに打つ手が限られている、と大変弱気なコメントを良く耳にします。負のスパイラルとして、メンバーとビジターの価格差が縮まることにより、さらにメンバーの不満が高まるといった悪循環となっているのです。ここで話は一転、当社のレップチェッカーゴルフを活用されてる企業さまは、若年層や女性ゴルファーを取り込むため、実はソフト面のマーケティング分析や、さらなる現場の業務効率化(コスト削減)を目的に導入しているのです。これ以上書くと営業色が強まりますのでこれにて終了としますが最後に一言、ただ今レップチェッカーゴルフの「無料お試しキャンペーン」を実施しておりますので、”百聞は一見に如かず”にてぜひ一度ご覧ください。

https://repchecker.jp/campaign/golf.php

東北より元気をもらってきました!
投稿日:  カテゴリー:ウエディング, 営業

こんにちは。営業担当のsaitoです。
東京は桜が満開の先週、東北のある旅館さんにレップチェッカーのご案内で行ってまいりました。

仙台は市内だけを見ると東北地震から復興しているように見えましたが
タクシー運転手さんから当時から今もまだ残っている影響などいろいろな話を伺いました。
やはり当事者に話を聞くとすごく衝撃を受けました、が、その運転手さんの明るさに救われた思いもしました。
(悲惨な内容でしたので具体的なことは割愛いたしますね)

また、市内のホテルさんや、少し離れた旅館さんからもたくさんお話を聞かせて頂いて(もちろん仕事の話もしっかりとしています!)
仙台における現在の課題なども見えてきました。
それでもやはり私がお会いした仙台の方はとても明るく、すごく元気で、お客様に向き合い自施設を盛り上げていきたい!
と熱意に溢れている方ばかりでした。
こんな皆様のお役に立てるよう、私もしっかりとご案内しないとな、と元気をもらった東北でした!

また、今度はプライベートで遊びにいきたいです♪
iphone 写真 139
PS携帯の充電が出来ず、残2%からとうとう切れる、というのも久しぶりでした(笑)

【予告】いよいよ来週!レップチェッカーゴルフ版、キャンペーンスタート!
投稿日:  カテゴリー:営業

ゴルフ場運営企業の皆さん、大変お待たせしました!いよいよ来週から、キャンペーンが始まります。レップチェッカーゴルフ版で何ができるのか?どんなメリットがあるのか?実際にお試しいただけるチャンスです。キャンペーンの詳細は後日あらためて、キャンペーンページを掲載いたしますので、焦らしてスミマセンが・・・しばらくお待ちください!ちなみに、2013年の国内営業中コース数(ホール数)ランキングなるものを発見しましたので、参考までにご紹介いたします。

【出典】ゴルフ特信・ゴルフ場企業グループ&系列(平成25年4月1段階)

1.アコーディア・グループ 133コース(2,797ホール)

2.PGMグループ 122コース(2,664ホール)

3.オリックスグループ 40コース(837ホール)

4.市川造園グループ 34コース(675ホール)

5.西武グループ 28コース(675ホール)

6.東急グループ 26コース(522ホール)

7.チェリーゴルフ 23コース(423ホール)

8.ユニマットグループ 19コース(351ホール)

9.太平洋グループ 17コース(333ホール)

10.明智GC・房総CC 10コース(297ホール)

 

他、より多くのゴルフ場さまと、一緒に業界を盛り上げていきたいと心より願っております。まずはキャンペーンの予告まで。