キーワードは「WiNDAM」?
投稿日:  カテゴリー:未分類

こんばんは。営業担当のFです。

皆様は出張などで泊まるホテルを選ぶ際には
何を基準にしますか?

年代層やデータを取る会社さんによって多少は
違いますが、価格、立地、設備、食事、なんかは
常に上位に来ているかと思います。

仕事柄、勉強も兼ねて様々な施設様にお世話になっていますが、
私個人で検討する時は、立地が良くて部屋が広い事を
優先しています。

お読みになられた方も多いかもしれませんが、1ヶ月ほど前になりますが、
週間東洋経済で「これが最強!ビジネスホテル選び5カ条」という
特集が組まれていました。(この手の特集は定期的に行われますが。。。)

http://toyokeizai.net/articles/-/32876

5カ条のキーワードは「WiNDAM」との事。

Wi:部屋がWi-Fi対応でスマホもサクサク
N:ノンブランド。大手でなくても口コミで好評価
D:デザイナーズ。デザイン重視の内装
A:アメニティ。備品が充実していて楽しめる
M:朝食(ミール)のおいしさが決め手

確かに「WiNDAM」全て、宿泊施設選びの決定要因に
なりそうな項目です。

個人的には「WiNDAM」の1つでも兼ね揃えて
きちんとアピールできれば多少単価が高くても
そのコンセプトにあった利用者様がきちんと定着すると思います。

数年前は販売単価を争う時代だったのですが、
現在は顧客満足度を争う時代になったと思っています。

顧客満足度を上げていく為のひとつのツールとして
レップチェッカーは宿泊施設様に役立てられると自信を持って
今日も全国各地を飛び回ってます。

タグ:

人間vsロボットvs人間、の未来構図?
投稿日:  カテゴリー:未分類

先日、某ゴルフ場チェーンを運営する企業本社の方と打合せする機会があり、興味深いお話を聞きましたのでご紹介いたします。現在、消費者の活動はPOSシステムに代表されるとおり、ビッグデータとして多くの企業経営に活用される時代となりつつあります。また企業側も、そのビッグデータの解析にITを駆使し効率的な経営判断を追及していることは周知の事実かと思います。ここで問題となるのが、そこで働く人間の存在意義なのです。様々な分野でますます機械化が加速する未来社会において、果たして人間にしか出来ない価値とは何なのか?現在の多くの仕事が機械に取って代わる未来はもうすぐそこまで来ています。某ゴルフ場チェーンを運営する本社経営幹部の方はハッキリ明言しました。まさにゴルフ場もその渦中にあり、予約システムから自動精算機に至るまで、どんどん現場のコスト削減は進んでいるものの、本質的な課題は現場でしか発見できないのだと。お客様の何気ない一言やその仕草、表情など、現場スタッフが得ている貴重な生の情報をいかに素早くグループ内で共有し、かつ迅速な経営判断をさらに高速化できるか?「ここに競合との差別化のカギがあると思う」と言っておられました。表題のタイトルのとおり、ITシステム(ロボット)に人間が使われるのか?その逆に、強い意志をもってITシステムの活用を推進するのか?この判断の差により、継続的な企業経営の存続と人間として本来の雇用価値が産まれるのではないでしょうか?

開発現場から!!
投稿日:  カテゴリー:未分類, 開発現場

健康診断結果に驚愕している、開発担当Kです。

今回は開発現場や自分自身の仕事について簡単にお話いたします。

今の開発現場が大きなプロジェクトを抱えて、作業しております。
詳しい内容は今語ることはできませんが、宿泊施設システムの【パラダイムシフト】となる様なサービスとなると思います。
詳細を言いたくて仕方ありませんが、正式発表まで我慢です。。

ところで私の会社での役目ですが、開発から印刷物まで、幅広く携わっていますが、ざっくり言うと営業やお客様とシステムを繋ぐハブの様な役目をしております。

具体的には…
・システムの企画を行う(現在、この仕事に注力)
・お客様からの要望を案・デザインし、システム部で開発
・社内の印刷物について、企画・デザインを行い、発注
・クライアントのお客様のサイト構築・社内システムの開発
などになります。

…こう並べてみると、何でも屋的な所もありますね。
しかし、非常にやりがいのある仕事ですので、これからも皆様のお役に立てるよう、頑張ってまいります!

IMAG0221

 

※写真は記事と全く関係ありませんが、水戸の偕楽園です。

開発担当K

タグ:

客室の電話
投稿日:  カテゴリー:未分類

こんばんは。営業担当のFです。

全国にお客様がいることもあり、ここ数年は年間に数十日は
ホテルに泊まっております。

全国様々な宿泊施設に泊まらせてもらってますが、
先日、大阪の某ホテルで客室内のトラブルがありフロントへ
電話をかけたのでが、3回かけても繋がらないという事がありました。

客室の電話で言うと、最近は客室に電話が無い施設も
多くなってきた気がしています。
*携帯電話の普及も大きいと思いますが。

客室電話を無くすとチェックアウト時に使用料の請求作業や
トラブル処理が一切無くなり、コスト削減につながった等の
メリットもある一方で緊急時の対応に不安があるなどという声も
聞こえてきます。

賛否両論ある中で電話を設置するかどうかは企業の判断ですが、
電話を設置する以上、例えフロントでの接客で忙しかったなどの
理由はあるにしろ、工夫して両方に対応することぐらい
できるのではないか?と感じてしまいます。

こういう対応がネットエージェントの評価にある『サービス』の
部分にマイナスに反映されてしまうのだと思います。

工夫すれば防げる事なのに凄く残念です。

タグ: