消費者目線のゴルフ場?
投稿日:  カテゴリー:営業

こんにちは!ご無沙汰しておりすみません。

朝晩の冷え込みはありますが、最近ようやく爽やかな気候となり、ゴルフ場へ足を運ぶことが増えてまいりました。

インターネットが普及して早20年近く経ち、当たり前の話ですが一昔に比べると、ゴルフ場を探したり、選んだり、予約したり、なんと便利な時代になったことかと、しみじみ感じてしまう私はすでに40歳を過ぎています。

社会人一年目の頃、「全国ゴルフ場ガイド」的な分厚い本(辞書?)が必ずどこの会社にもあったような記憶があり、新人としてゴルフ場に電話を掛けてコンペの手配をするなど、かなりアナログなことをしていたと思います。

日経産業地域研究所(マクロミル調べ:今年9月5~7日、20~60歳代の男女1,000人のインターネット調査)アンケートによれば、

・ゴルフの経験者、今後もプレーする意向のある人は41%

・現在も継続的にしている人は9%

と少なく、男性は60歳代の4人に1人がプレーしているが、20歳代は8%、女性は全体でも4%と、男性・高年齢層に片寄っていることが明らかに。

しかし、20歳代の24%は「経験はないが将来はしたい」と答えているため、今後の動機づけや話題作りが重要と感じました。

またゴルフをしている、将来したいという主な理由は「楽しい」(54%)、「健康にいい」(33%)と続き、「付き合い」(21%)を理由に挙げているのは50歳代男性でも3人に1人ととどまっています。

消費者がゴルフ場を簡単に比較したり選べる時代となりましたので、いかにソフト面(コース、設備以外)で差別化を図るか?いかに消費者のニーズを素早くキャッチできるか?サービス業としてのゴルフ場経営(収益改善とおもてなしの両立)に原点回帰しつつ、経営トップからのメッセージを現場スタッフまでいかに迅速に伝達し、現場からの「生の声」をリアルタイムに経営トップが把握できるか?ゴルフ場運営企業全体として経営判断と実行を高速化させることこそ、これからの競争社会で必要となる重要な仕組みではないかと私は考えます。

ゴルフ場「20歳無料」で呼び込み!?
投稿日:  カテゴリー:営業

こんにちは。正直、ここ最近の灼熱の太陽、ほんとゴルフするには厳しい季節になってきました。

約1ヵ月半前、日経新聞にも大きく取り上げられたこの企画、「8月から20歳だけを対象にゴルフプレー代を無料にする新サービス」もいよいよ始まりますね。

ゴルフ場や練習場側は利用客が少ない平日の空き時間を主に提供するそうですが、最低9ホールのプレーが保証され、事前予約すればクラブ貸出料金も原則無料、試打会で使われた最新モデルも提供される予定という。

さらに練習場では1時間は自由に打つことができ、最低100球までは無料とするそうです。

先日もブログで書きましたが、ゴルフ場利用者やゴルフ場数、ゴルフ場従業員数も減少傾向が続く中、欧米並みに庶民のスポーツとして老若男女ゴルフを楽しめるよう、この逆境だからこそ「圧倒的にダントツに、ゴルフの敷居を下げる」施策をどんどん、思いっきりチャレンジしてもらいたいと、ゴルフ場を経営する方々にお願いしたいです。

平日のゴルフ場にて、収益改善を考える。
投稿日:  カテゴリー:営業

先日、千葉の市原方面のゴルフ場へ営業に行って参りました。千葉県内には約160コースあり、そのうち市原エリアには約30コースが存在しています。最近の新聞記事でも「会員権相場は下げ止まり」という話題が出ており、平均価格は100万円前後ですが、節税目的の損切り売却が一巡し、低価格帯の会員権を中心に買いが戻ってきているようです。なるほど、平日にも関わらず何処もゴルフ場の駐車場はほぼ満車でした。また平日は、支配人を訪ねてもほとんど留守にしていることが多いことも判りました。メンバー利用が多いため、もしくは平日にお休みを取る傾向が高いのかも知れません。最近、ゴルフ場を閉鎖し太陽光発電施設に転換するケースも多いと聞きますが、駐車場はほとんどが青空駐車であるため、太陽光パネル付きの屋根付き駐車場に改築すれば、夏場の日除けにもなりますし、太陽光発電により電力コストの削減、もしくは売電まで可能になるのではないか?とふと思いました。初期投資額を何年で回収できるかにもよりますが、今後間違いなく需要はあると確信しました。電気自動車の普及に伴い、充電スタンドへの電力供給を賄える日も、もうすぐそこまで来ているのかも知れません。

人間vsロボットvs人間、の未来構図?
投稿日:  カテゴリー:未分類

先日、某ゴルフ場チェーンを運営する企業本社の方と打合せする機会があり、興味深いお話を聞きましたのでご紹介いたします。現在、消費者の活動はPOSシステムに代表されるとおり、ビッグデータとして多くの企業経営に活用される時代となりつつあります。また企業側も、そのビッグデータの解析にITを駆使し効率的な経営判断を追及していることは周知の事実かと思います。ここで問題となるのが、そこで働く人間の存在意義なのです。様々な分野でますます機械化が加速する未来社会において、果たして人間にしか出来ない価値とは何なのか?現在の多くの仕事が機械に取って代わる未来はもうすぐそこまで来ています。某ゴルフ場チェーンを運営する本社経営幹部の方はハッキリ明言しました。まさにゴルフ場もその渦中にあり、予約システムから自動精算機に至るまで、どんどん現場のコスト削減は進んでいるものの、本質的な課題は現場でしか発見できないのだと。お客様の何気ない一言やその仕草、表情など、現場スタッフが得ている貴重な生の情報をいかに素早くグループ内で共有し、かつ迅速な経営判断をさらに高速化できるか?「ここに競合との差別化のカギがあると思う」と言っておられました。表題のタイトルのとおり、ITシステム(ロボット)に人間が使われるのか?その逆に、強い意志をもってITシステムの活用を推進するのか?この判断の差により、継続的な企業経営の存続と人間として本来の雇用価値が産まれるのではないでしょうか?

ゴルフ場でBBQ?ゴルフ場イノベーションの新たな挑戦とは…。
投稿日:  カテゴリー:営業

皆さん、こんばんは。毎度金曜の夜に執筆する機会が習慣化しつつある企画営業マンです。さて本日、TV東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)で興味深い話題を聞きましたので紹介いたします。ゴルフ人口は20年前の1994年には約1,400万人いたそうですが、なんと2014年には半減の約700万人になっているそうです。これはゴルフ業界に限った話ではないかも知れませんね。しかも、ゴルフ経験者の割合を年代別で見ると、60代は約38%、20代では約22%という圧倒的な先細りの逆ピラミッド型数値なのです。また、この状況は20年前から始まっているにも関わらず、ゴルフ場運営企業の方々は若年層を取り込み、抜本的にゴルフ人口を増やす取り組みを本気でチャレンジしてきたのか疑問です。番組の中で、PGMグループ社長がゴルフ場内にバーベキュー会場を新たに設け、「バーベキュー、ついでにゴルフ」という新しいコンセプト(ストーリーとしての競争戦略)を語っていました。参考までに、バーベキュー人口は若者から40代を中心に年間1,500万人もいるそうです。現実としてゴルフ業界、ゴルフ場の支配人さんに話を聞くと、ゴルフ場はその立地やコースならびに設備の改修が容易ではない(時間とコスト高)ため、スピーディーな差別化が難しく、結果的に日々のプレー価格調整のみに打つ手が限られている、と大変弱気なコメントを良く耳にします。負のスパイラルとして、メンバーとビジターの価格差が縮まることにより、さらにメンバーの不満が高まるといった悪循環となっているのです。ここで話は一転、当社のレップチェッカーゴルフを活用されてる企業さまは、若年層や女性ゴルファーを取り込むため、実はソフト面のマーケティング分析や、さらなる現場の業務効率化(コスト削減)を目的に導入しているのです。これ以上書くと営業色が強まりますのでこれにて終了としますが最後に一言、ただ今レップチェッカーゴルフの「無料お試しキャンペーン」を実施しておりますので、”百聞は一見に如かず”にてぜひ一度ご覧ください。

https://repchecker.jp/campaign/golf.php

日本のゴルフ場マネジメントは加速度的に進化する?
投稿日:  カテゴリー:営業

みなさん初めまして!私、レップチェッカーの企画営業マンが東方西走しながら、業界の現状と未来への取り組みなど、思うまま気ままにコメントいたします。昨今、日本が高齢化しゴルフ人口も減少の一途を辿る中で、ゴルフ場経営に携わる方々は知恵を絞りながら、日々取り組まれていることと思います。さらには、ゴルフ業界の従業員平均年齢は40代半ばという現実もあり、ルーチンとなる現場業務の効率化が重要な課題となっているのではないでしょうか。ようやく、観光・不動産、電鉄系グループのゴルフ場においても、ITを活用した取り組みが加速度的に進みつつあることを私も実感しています。その最前線を追いつつ、夢のあるサービスで世の中を明るくできるよう、様々な視点でレポートいたしますので、まずはご挨拶まで。